1. TOP
  2. お金のコントロール
  3. Web広告のCPAを高める上で重要な重視すべき5つの出稿方法

Web広告のCPAを高める上で重要な重視すべき5つの出稿方法

こんにちは、ゆうです。

今回も、Web集客ビジネスに重要な
セルフコントロール講義をしていく。

>プロフィールはこちら<

最近は、このセルフコントロールの技術を元に、
他人様の『最高のスキル』を『最高の価値』で販売した経験を、
ここに書き留めている。

正直、SEOも何も意識してないサイトなので、
見つけたあなたは、非常にラッキーだと思う。

今回は『インターネット広告について考察する。

ちなみにインターネット広告については、下記にも記事があるので、参考にしておいてもらえれば、あなたのビジネスに役立てられるだろう。

1、広告フレーズに権威性と信頼性をもっと強められないか考えた(制作)

私は、正直に言うと、この点は得意ではない。

しかし、AIが発達した昨今、素人だろうが、広告代理店だろうが、さほど広告のクオリティに差がなくなっている。

だから、広告の掛け方よりも制作が重視されるようになっているのだ。


話が逸れるが、Facebook広告に話を限ると、
シンガポールに本社を構えるFacebook社の社員さんが言うには、
クリック単価が20円〜50円の範囲内だと良いらしい。

なので、上記のような成績だと悪くない。

それもこれも、普段から権威性を意識して広告の制作を行なっているからだ。

例えば、私がちょっと前までやってきたパートナーの書籍が、
とある高額納税者の成功者に紹介された。

たちまち、売上2万冊突破

広告のテクニックを教えたり、色々なポジショントークがあると思うが、
権威があれば一発なのだ。

本当は私も『ネット広告で億万長者になれますよ』と、
ネット広告の力を信じたいのだが、
どうしても権威について書かなければいけないエピソードがある。

それは、私のもともとのパートナーでもある、
Nさん。

とある権威のブログに紹介された途端に、
『2万冊』を一瞬で突破したのだ。

5000冊売れればバンザイの世の中で、
一瞬で会員さんに売れ渡ってしまったのだ。

この時に『本当に権威は凄まじい』と思ったものだ。

というわけで、
あなたの扱ってる案件がビジネス書作家なら、
名を馳せてる人のお墨付きをもらう。

斎藤一人さん、堀江貴文社長、ZOZOの前澤社長、
NewsPicksで発信活動をしているような
各分野の権威にお墨付きをもらうことが、一番早いのだ。

健康系なら、やっぱりお医者さんか資格ホルダー。
美容系なら、高須クリニック院長、とかね。

なので、できる範囲で構わない。
誰かのツテを辿って、権威に到達できないかを探ってみる

ちなみに私の場合は、それをコンテンツホルダー(パートナー)に一任している。

苦手なものは、任せる方が早い。
コンテンツホルダーの出世欲がある人の方が良い。

受け手が権威を感じる三つの要素

行列効果(売れてるよアピール)

人気があってなかなか募集がされないような見せ方は、
さらに人気が出る。

行列は、さらに行列を呼ぶのだ。
私自身も、街で行列が出来ていると『何事ぞ』と見てしまうし、
洋服屋さんで『一番人気』と書かれていると、欲しくなくても興味が出てきてしまう。

上手くいっているビジネスマンの全てが、この行列効果を使っている。

著名人の推薦(あの人が言うんだから間違いない)

例えば、有吉さんが『これは良い』と言ったら、
有吉さんが言うなら間違い無いのかも、と思うだろう。

巷の通販でも、著名人が広告塔になって宣伝している。

もちろん私の守備範囲でもある教材や講座でも威力を発揮するのだ。

行政/非営利団体とのタイアップ(行政なら信頼できる)

これは、リサイクル業をやっている知り合いが、行政とタイアップした途端に、爆発的な成約率を残した、という話をしていた。

それこそチラシを作ってポスティングするにしても、行政のロゴが入った瞬間に、成約率が上がる。

あなたのビジネスが行政とタイアップ出来るようなものならば、
是非臆せず使っていくことをオススメする。

圧倒的なビフォーアフター(本当に凄い結果が出てる)

その商品やサービスを使って、リアルに結果が出てる人が多くて、
なおかつターゲットになるお客さんにとって
「すごいなあ」「気になるなあ」「私もそうなれたら良いのに」と
思われれば思われるほど成約率も上がる。

2、1ヶ月以上出稿されている広告を探す(出稿)

私は、広告についても素人だし、コピーライティングについても、
素人である。

でも、なんで素人がそれなりにビジネスをやってられるかと言うと、
『上手く行き続けてるだろう』という広告を探すのが好きだからだ。

Google、Yahoo!、Facebook、LINE、他ネイティブ広告、キュレーションサイトを探せば、長期で出稿されている広告もある。

参考にする広告は、他業種でも他サービスでもOK

ただ1つ言えるのは、自分の制作をしている業界とは
掛け離れていても全く問題がない。

1つ1つの広告クリエイティブを見ながら
『これは、うちの案件にも使えそうだな』と思えるものを中心に
使っていこう。

集客が成功する秘訣は、色々なクリエイティブを如何に見て、
そこから、お客さんの導線をどのように作っているかを見て、
自分のお客さんが、サービスを気持ちよく買ってもらうためにはどうしたら良いか、を考えることだ。

3、1ヶ月に1回新しい広告を投入する(出稿)

次に、広告について言えることがあるとすれば、
『新鮮さ』である。

ずっと同じ広告を使っていても飽きられてしまう。
『また同じのが来たよ』と思われてしまう。

なので、定期的に更新をしていこう。

2カラム以上のオウンドメディアに飛ばす

よくありがちなのは、広告から1カラムのペラページに飛ばす人が多い。

これだと、読者さんが離脱したくても離脱できないし、
一生懸命作った広告も、1度見たら消費されて飽きられるだけだ。

だから、私のオススメは、オウンドメディアを作って、
そこに広告を掛けるスタイルだ。

そうすれば、良い循環を生み出すことができる。


オウンドメディアの記事を更新

→新しい広告を作れる

→読者は飽きない

→次第に興味を持ってもらえるかもしれない

というサイクルが作れるからだ。

4、成約を狙わない認知広告スタイルを貫く(出稿)

普通の会社に勤めている広告ディレクターは、成約を狙う。
そりゃ、数字を出さなければ、上司に評価されないからだ。

でも、それは顧客のためではない。

CVR(成約率)を意識すればするほど、お客さんを追い込むような文言になりがちだし、無理なプレゼントや特典を付けてしまう。

「CVR<CPA<ROI」を意識したマーケティングを

だから、いっそのこと認知広告という形で、日々の広告を出してみよう。
CVRよりも、CPA(1人顧客獲得単価)とか、ROI(投資に対するリターン)の方が重要だ。

広告は、あなたのビジネスの全体の中のほんの数%にすぎないのだから、
マクロに物事を考えていこう。

5、心に余裕のある広告出稿が、 ROIを最大化する

最後に、ちょっと抽象的かもしれないが、
お客さんを追いかけすぎない広告出稿がかえって重要だ。

そのためには、気持ちに余裕が無ければいけない。

気持ちに余裕が持てなければ、広告ばかりに集中しすぎて、
参考になる広告探し、広告フレーズの見直しに目がいかないのだ。

心に余裕のある人が、これからの時代、さらに生き残ることになるだろう。

是非、興味があれば、下記のセルフコントロールの記事も参考にしてほしい。

なかなか信じてもらえないことだが、小手先のノウハウ(五感で認識出来ること)よりも、こうした感覚的に理解できること(六感で感じられるもの)の方が大事だったりする。

是非、このマニアックなサイトに来たからには、参考にしておいてほしい。

>オンライン集客ならセルフコントロールメルマガ<

 

あわせて読みたい

 

\ SNSでシェアしよう! /

The Self Controlの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

The Self Controlの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

予防医学実践家・ゆう紹介 予防医学実践家・ゆう一覧

ゆう

30代の・・・

●予防医学実践家
●講座マーケター
●小さな広告代理店
●Webディレクター

元々、某私立大学農学部〜製薬メーカーMRというキャリアを通して、
『今の製薬メーカーの課題』を見つけ、
予防医療実践家として、セルフコントロール活動の重要性について
情報発信活動をしている。

中小企業のメディア集客実践家(マーケター)として、
オウンドメディアやリストマーケティングに従事。

クライアントにもたらした実績は、
2016年〜2018年に累計4億円以上、平均1億円以上。

このメディアは、お客様に支持と感謝をされながら売り上げてきた経験から、備忘録として主張を展開するメディアだ。

『セルフコントロール』(精神コントロール)があれば、肉体とお金の健康を全て手に入れられる、というテーマのメディアになっている。

特にビジネスパーソンには結構クリティカルな情報になるんじゃないかと思う。

あなたが、女性なら最愛のパートナーに情報を優しく教えてほしいし、
男性も、もちろん最愛のパートナーや家族をはじめ、大切な人にそっと教えてあげられるような情報になる事を心がけたいと思う。

◆肉体の健康
私たちの肉体は、今の生活からさほどお金をかけなくても、
健康になることができる。

マーケターの立場から考えると、星の数ほどある健康論は、
全て『提案』『主張』にすぎず、盲信すべきではない。

信じるべきは、いつも自分だ。

あの人が言うから間違いない、と思う部分もあるかもしれないが、
それ以上に大事なのは、自分の身体や心の動きを感じて、それに合った健康方法を取り入れるべきだ。

考えるな、感じろ

---- ジャッキー・チェン

この言葉が、私自身ようやく理解してきたところだ。
そうすれば、日頃の頑張りすぎから上手に解放されつつ、
毎日エンジョイで穏やかな幸福感に包まれる事だろう。

・食生活
・歯の健康(歯の矯正など)
・運動方法
・集中方法
・メンタルトレーニング
・陰陽の活用

これらを通じて、毎日が最高にエンジョイできるようなヒントを、
あなたにお伝えしていきたい。

◆お金の健康
お金の健康といえば、ファイナンシャルプランナーや保険屋さんが知ってると思いがちだが、実は、彼らはセールスマンであって、未来が見えない金融商品を売ることによって儲けているにすぎない。

しかし、セルフコントロールが出来ていれば、
お金を計画的に増やすことができるし、自分で守ることができる。

私も今まで色々とやってきた。

というわけで、真の投資方法からビジネス展開の仕方、
収入を得るまでの方法を、なるべく分かりやすく伝えていきたいと思う。

私のビジネス経験はこんな感じだ。

<ビジネス>

・セールス(営業活動)
・ブログライター
・アフィリエイト
・EC物販ビジネス(Amazon、Yahoo!ショッピング)
・広告運用(Facebook、Google、Yahoo!)
・メルマガライター(DRMの実践)
・コンサルビジネス
・セミナーや勉強会の開催

これらを経験して、そのメリットを凝縮させた最強のビジネスが、
教材(講座)アフィリエイターだということに気付いたので、
この職業の話と、集客についても話していく。



(※上記は2018年のクライアント売上。クライアントに売上を立てて喜ばれつつ、私はその一部を頂く質素なアフィリエイターです)

それからというもの、自信がつき始め、クライアントの顧客単価が上昇。
最上部にあげたような実績を上げている。

1つの教材アフィリエイトビジネスを立ち上げる時でも、
基本的に教材の販売元とチームでビジネスを行う。

社員ゼロで自分の才能を生かしたところだけで仕事をしている。

目標は、今この瞬間を楽しめること、家族と過ごす時間を大事に。
ビジネスは時代に順応して、あとは楽しむ。
それが全てである。

関連記事

  • 30代から最も投資すべき「ストックマネースキル」とは?

  • 顧客が定着するLTV最大化のためのPDCAを提案してみた

  • たった3万PVのブログ放置で年商1億円講座を作った10のチェック項目

  • 誰も言わない『儲からないコピー(セールス)ライター』の特徴