はじめに

講座ビジネスは、なぜ私たちを救うのか〜資産思考の観点から〜

こんにちは、講座ビジネスマーケターのマサキです。
この記事では、多くのビジネスマンが考えていない
『資産』という考え方について執筆していきます。

ビジネスマンにとっての資産とは何か

私たちお金を稼ぐ人間たちにとって、
ただお金を稼ぐだけでは「肉体労働者」と同じになってしまいますね。

そこで、賢い私たちが考えてなければならないのは、

●自分の『時間』を節約しながら
●効率よく『必要な資金』を稼ぎ
●人生の豊かさをもたらす『資産』も効率的に作る

という、3点だと言えます。

この部分については異論がないと思われます。

では、ほとんどの講座マーケッターが意識していない
『資産』についてお伝えしていこうと思います。

資産とは、

『私たちが人生の中で本当の意味で欲しいもの』が
自動的に手に入る仕組み

と言えます。

ここでは、講座マーケッターが意識した方が良い、
資産のランキングについてお送りして行きますね。

これを意識するのとしないのとで、
集客の質やモチベーションが変わることを保証します。

資産ランク1位:時間を拡張、節約する『ブランド』

(自分というブランドor自社というブランド)

私たちは『ブランド』を作るために、
ずっと投資し続けなければなりません。

ブランドというのは『自分ブランド』『自社ブランド』ですね。

講座ビジネスのブランドというのは
『公文式』『東進ハイスクール』といった、
講座ビジネスとしてのブランド価値を指します。

つまり『誰も追随できないカリキュラム・実績』などですね。

講座ビジネスも、競合は常に現れます。

しかしブランドさえあれば、
自ずとお客さんの単価を上げたり、キープすることが出来ます。

さらにその講座ビジネスを通して有名人と出会ったり、
他のブランド価値を手に入れることも可能なのです。

そして、欲しいものが手に入る時間を
短縮できるのです。

2位:『助けて欲しい時』に無償の愛を持って助けてくれる関係

(コミュニティ、ビジネスパートナー、顧客の質)

次に大事なのは「チームメンバー」です。
講座ビジネスは、決して1人では成功できません。

とある年商4億円の講座ビジネスマンと話したところ、

●講師兼サポーターを8名
●オウンドメディア制作に3名

というチームで集客とセールスを頑張っているようです。

「これはなかなかレベルの高いチーム作りだな」と思いましたが、

何よりも、このチームメンバーがびっくりなのは、、、、

『元々はお客さん』
『元講座受講生』なのですよね。

チームメンバーを作らなければ、
いつまで経っても私たちの時間は自由になりませんから

そう言う意味で、集客をするにあたって
『将来チームメンバーに迎え入れられるかどうか』を
考えながら集客できるかが大事です。

3位:『知識』『経験』『スキル』『不屈の精神』

(お金ではなく、才能で交換できれば、理論的には食いっぱぐれがない状態)

スキルは、もちろんマーケティングの技術を言います。

●ライティング技術
●プロモーション技術
●分析技術
●基本的な広告技術
●マーケティングを習慣にする技術
●一連の経験

という諸々の知識などはとても重要な価値となります。

そして、もしそれが「成功している」と判断されたら、
勝手に口コミをされて紹介されるようになります。

という感じで、こういう経験やスキルがあれば
2位以上の資産と交換することが出来て、
自分の欲しいものが手に入るようになります。

4位:不換紙幣、金融商品

(物理的に面会できない相手との交換として持っておく)

お金の価値というのは、今後どんどん下がっていくと思います。
とはいえ、お金で経済が回っているのも事実ですから、
ある程度お金は持っておいた方が良いでしょう。

特に一般社会では、お金が重視されているわけなので、
数千万円程度の貯金を持っておくと、有事に備えることができるでしょう。

●保険商品
●金融商品
●衣食住
●旅行費用
●介護費用
●教育費用
●冠婚葬祭

などなど、物理的に面会しない人とは、
才能では交換しづらい部分があります。

こういう部分を埋めるために、お金は持っておきましょう。

5位:一過性の刺激

(資産として積み上がらない一過性の身体的な刺激)

この辺りは、優秀な方には議論不要なので語る必要がありませんが、その時だけの刺激を追求するためだけの行動は掛け捨てとなりますね。

『ブランド作り』を目指せば、全てが手に入る

ここまで読んでいただければ分かるかと思いますが、
ブランド作りを目指していただければ、全てが手に入ります。

私が思うに、そのブランドというのは

他社の追随を許さない講座の価値』

顧客を満足させるカリキュラム』

だと考えています。

そしてそのブランド作りを通して
『第2位〜第4位』までの資産を、少しずつ手にすることができます。

何より、自分の本当の意味で欲しかったものに
気付くことができるのです。

【注意】お金が低価値だということを言っている訳ではない

『マサキさん、ではお金は価値がないということなのでしょうか?』

と思うかもしれません。

誤解を生んでいたらごめんなさい。
決してそういう訳ではありません。

むしろ、稼いでなければそれだけ市場に価値を与えてない、
ということになりますので、お金が稼げてない状況は論外です。

お金がなければ、私たちの実生活は回らないですし、
資本主義社会にいる限り、それは無理な話です。

ただ、お金だけを稼ぐ講座ビジネスだと勿体無い、
ということを言いたいのです。

お金は当然の如く、他人が欲しがるブランド価値、
信頼出来るチーム、スキル、経験を全て手に入れる

という感じで、全部を手に入れちゃって欲しいのです。

他人が欲しくて手が届かないものを、
全て手に入れたら良いのです。

【まとめ】ピンチになった時に助けてくれる講座ビジネスにしよう

『資産』という言い方よりこっちの方がしっくり来るかもしれませんね。
私たちがピンチになった時に救ってくれる講座ビジネスにしたいところです。

だいたい私たちがピンチだと思う時って、
『お金』とか『健康』ですよね!

そんな時に助け合える環境を上手に作って行きたいですよね。

1、経済的なピンチ
(例:ビジネスパートナー、顧客、ファンに救ってもらう)

2、健康的なピンチ
(例:全員の人脈を活用して、名医を紹介してもらう)

私たちの講座ビジネスは、
人と人を繋ぐためにあるものです。

ぜひ『お金+資産』という認識で講座ビジネスを俯瞰していきましょう。

 

不定期更新のメールマガジンはこちら

※セルフコントロールにまつわる最新テクノロジー
※コンテンツマーケッターの視点

これらが手に入ります。
私の才能を必要としている方は、登録をしておいてくださいませませ。

 

ABOUT ME
ゆう
社員ゼロの20代複業家で、奥さんと仲良く時間を取りながらまったり仕事。 (Web講座ビジネス、広告代理業、予防医学研究家)