1. TOP
  2. The Self-Controlメール講座とは?

The Self-Controlメール講座とは?

このページに来ていただき、ありがとうございます。

プロフィールはこちら

セルフコントロール講座では、

『すでに会員制ビジネスをやってるけど、伸び悩んでいる方』
会員制ビジネスを取り入れてみたいけど、思うように進まない方
ブログ等で情報発信したいけど、収益に結びつかない方』
『働きすぎて精神が消耗しているから、心も身体も健康になりたい方』

に向けて、伸び悩んでいるポイントを一緒に探すための講座だ。

あなたの『ちょうどいい売上サイズ』のビジネスを
構築するための方法を、具体的ステップで発信をしていく。

顧客に価値を与えながら年商1億円の関門をクリアする

まず、私があなたと一緒に実現させたいのは、
年商1億円の関門をクリアすることだ。

儲からなければ、やりがいを感じられず、
他人の足を引っ張り、嫉妬するだけの存在に落ちぶれてしまうからだ。

社会貢献で幸せを感じるのは、現役引退間近の60代からで良い。

まずは稼ぐ。

そのために、私が提供できるのは、以下の5ステップの流れだ。

  1. 会員制ビジネスで年商9桁突破する『本質的なネット集客方法』(原理原則をベースに)
  2. 顧客の定着方法(原理原則をベースに)
  3. 時間と収入を作り、資産に投資する方法
  4. 億越えの先にビジョンを持つ

といった流れを自然と手にして欲しいと思う。

セルフコントロールで資産を作る

(※新規クライアント受付を停止しているので、高額なサービス等を売りつける予定はありません。数千円から数万円の教材などをオススメすることはあるかもしれません。)
(※個人情報保護法に則り、個人情報は責任を持って厳重に保存することをお約束します)

それでは、それぞれを詳細に説明していく。

【ステップ1〜2】会員制ビジネス4つの壁


流行りのオンラインサロンだが、
実際は、9割が儲かっていない。

そのうち、私は人脈を総動員して、
儲かってる1割に出会ってきた

DMMオンラインサロンで儲かってるMさん、
独自のSNSコミュニティで儲かってるHさんだ。

そして私も、手前味噌ながら多少の成功例を作ってきた。(冒頭の通り)

ただ、もちろんいくつかは失敗してきた。
だから、成功事例と失敗事例を知っていることになる。

その失敗例は、だいたい以下の3つの壁に引っかかっている。

0、キャッシュエンジン(初期集客)の壁

一番最初の壁は、キャッシュエンジンの壁だ。
アクセスを集めて、初期の集客が出来なければ、最初のキャッシュを手にすることは難しい。

このページに来ている方は、すでに始められてる方が多いと思うだろうから、サラッと流れについてはお伝えしていこうと思う。

プロダクトローンチの手法を使うのが手取り早いので、

1、定着率の壁

次に訪れる最大の悩みのタネは『定着率』だ。

会員さんをなるべく自分たちと長く付き合ってもらうためには、
どうしたら良いのか。

それについて考えていかなければならない。
最初の会員を入れて、どれくらいのお客さんが定着するのかを確認しつつ、定着率を上げるための施策を打っていく。

2、コンテンツ(コンセプト)の壁

コンテンツには、コンセプトが大事。
そして、そのコンセプトに沿った多彩なコンテンツが必要だ。

例えば、ダイエットが必要な方には、恋愛する機会も与えたり、
うつ病を治療したい人には、一緒に闘病する人の事例を知ったり、
ニーズに合わせて、ジャンルを変えてでも提供するコンテンツにはこだわらなければならない。

あなたの見込み客は、

✅その会員制コミュニティに入る前に何をしてるのか。
✅コミュニティに入る報酬は?
✅コミュニティに入ってから離脱までの懸念点は?

その1つ1つを顧客のライフスタイルをイメージしながら、

・『本質・原理・原則』のコンテンツと、
・『トレンド』なコンテンツ、
・別のジャンルのコンテンツ

これらの使い分けを、順番に繰り出す事が重要なのだ。

あなたは、どこまで出来ているか?
そのチェックを一緒にしていこう。

3、人材の壁

次に、会員制ビジネスを作るためには、
1人では大きく飛躍できない。

会員制ビジネスの壁は、シンプルだが奥深い。
『1人のアイデアには限界がある』のだ。

そこで『自分のアイデア+コミュニティメンバー』の力を借りて、
お客さんを飽きさせないようにする事が大事だ。

人を巻き込んで、役割分担するも良しだが、
いずれにしろ、壁はある。

その壁を乗り越える方法をシェアしていきたい。

Amazonを目指して崇高な会員制ビジネスを

Amazonという大企業は、最強の会員制ビジネスを作ってきた。
私も憧れる絶対に負けようがないビジネスモデルだ。

・ECモール
→超便利なECモールを作り、Amazon中毒の消費者ユーザーを作る
・サーバーレンタル
→オープンソースのサーバーを格安で解放し、Amazon中毒の法人客を作る
・Amazonプライム
→ECが便利すぎて辞められず、コンテンツビジネスもどハマり

どう考えても、私たちの暮らしにAmazonが入り込むようになったのも、
それぞれのサービス力に投資して、強化してきたからに他ならない。

そして、誰も追いつけないレベルまで
サービスが進化し続けているのも、見逃せないポイントだ。

私たちも、出た利益を使って、
会員制ビジネスにさらなるサービスを作り、
他者が追随不可能なレベルまでたどり着けるかどうか。

Amazonまで行かないにしても、
1000人、1万人のアクティブな会員を集め、
必要不可欠なサービスを作れたらどうだろうか。

それはそれは素晴らしい世界が作れるのではないだろうか。

セルフコントロールで資産にブーストをかける

(※新規クライアント受付を停止しているので、高額なサービス等を売りつける予定はありません。数千円から数万円の教材などをオススメすることはあるかもしれません。)
(※個人情報保護法に則り、個人情報は責任を持って厳重に保存することをお約束します)

なので、この目的を達成するために、
以下の事を手に入れていただこうと考えている。

※北海道の洞爺湖。避暑地としてオススメ。

【ステップ3】利益を複利で回す投資方法

資産』に再投資し続けるお金の使い方(WI投資)

次に、お金の使い方の話をしたい。

会員さんにもらった大切なお金を
『資産』に再投資をする仕事スタイルを確立させて欲しいのだ。

『Invisible Investment』(目に見えない事への投資)
つまり『WI投資法』と私が勝手に呼んでいる内容である。

資産ランキング3位:スキル・経験・機会(マーケティング)

まずは、スキルや経験に再投資をして欲しい
『興味を持ったスキル』の習得に時間と労力を割いてみて欲しい。

講座を大きくするために必要な集客するためのディレクターになるなど、あらゆる機会にチャレンジするのはは非常にいい資産に繋がる。
重要度 ★★★
作り方 実績を作り、自分の市場価値を高める
すべき事 1つの成功体験を提げること。その1つ1つを積み重ねる事
目標 自分を最高値、もしくは時給を最大化する

資産ランキング2位:人財(JV相手、生産をくれるパートナー、従業員)

3位の資産が貯まってきたら、2位の『人材』にも投資しよう。
非常に大切だ。

自分が理想とするJV相手、生産をくれるパートナー、
従業員との出会いに再投資をしよう。

スキルが圧倒的に身につけば、自ずと良い人たちが寄ってくるので、
人が寄り付かない=スキルが認められてない、というバロメーターとして、ランキングが高い資産を徐々に集めていこう。

重要度 ★★★★
作り方 身近な人から大切にする
すべき事 Win-Winの関係構築、ラポール技術、お金以上の付き合いを大切にする
目標 自分の才能に気付き、違う才能を持つ人を1人1人仲間にする

セルフコントロールで人間関係構築の極意を身につける

(※新規クライアント受付を停止しているので、高額なサービス等を売りつける予定はありません。数千円から数万円の教材などをオススメすることはあるかもしれません。)
(※個人情報保護法に則り、個人情報は責任を持って厳重に保存することをお約束します)

資産ランキング1位:自分ブランド

『メガネといえば愛眼』とか『チョコレートは明治』といったメーカーブランド作り。もしくは『本田圭佑と言えば、日本を代表とするストライカー』と言われるような『自分』というブランドを作る事。

自分がいるだけで、2位以下の資産が入ってくる。
世の支配者が持っているようなものを、少しでも手に入れよう。

これが、最上位の資産である。

重要度 ★★★★★
作り方 影響力の高い人に認められる。自分、自社のコアファンを作り続ける。信頼残高の貯金。
すべき事 LTVを意識した顧客リスト蓄積。熟読される文章作り。
目標 広告費用を抑えても、集客が可能な状態にする事。

セルフコントロールでブランド作りの一歩を踏み出す

(※新規クライアント受付を停止しているので、高額なサービス等を売りつける予定はありません。数千円から数万円の教材などをオススメすることはあるかもしれません。)
(※個人情報保護法に則り、個人情報は責任を持って厳重に保存することをお約束します)

【ステップ4】億越えの先に・・・

おそらく、自分ブランドを作れていたら、
年商1億に止まらない状態になっていて、
社会的にも地位が高い状態になっているだろう。

そのために重要なのは、2つのビジョンだ。

『じゃあ、おれは わたしは どうして行きたいのか?』
という長期ビジョン

『そのために、おれは わたしは たどり着けているだろうか』
という短期、中期ビジョン

これらを会員制ビジネスを行う中で、作っていって欲しい。
そして、その会員さんたちも魅了して欲しい。

セルフコントロール講座は、ここまでも話をしていこうと思う。

最後に一言伝えておくと、
せっかくビジネスや肉体、精神を整えるための情報を受け取るなら、
誰に教わりたいか、という事だ。

お金を貯めるスキルにも有効で、
精神面の安定にも有効で、
肉体の健康にも有効な、
1石3鳥のセルフコントロールを学ぶか。

それとも根拠のない教えを受けて、多額なお金を支払わされるのか。

ちょっと立ち止まって考えていただき、この不定期のセルフコントロール講座を受け取っておいて欲しい。

セルフコントロールでブランド作りの一歩を踏み出す

(※新規クライアント受付を停止しているので、高額なサービス等を売りつける予定はありません。数千円から数万円の教材などをオススメすることはあるかもしれません。)
(※個人情報保護法に則り、個人情報は責任を持って厳重に保存することをお約束します)