お金のコントロール

30代から最も投資すべき「ストックマネースキル」とは?

こんにちは、ゆうです。

>プロフィールはこちら<

この記事では、最も難しい「お金をキープさせるための技術」についてシェアしていきたい。

特に30代からの10〜20年は『お金との付き合い方』『お金との向き合い方』で、人生の方向性が大きく変わると思うからだ。

そして忘れてはならないのは『お金との付き合い方=人格(性格)』という事実だ。

稼ぐよりも貯める方が難しい

これは、個人でも法人でもそうなのだが、
お金を稼ぐよりも重要な事。
それが『貯める』技術だ。

正直、ビジネスを行なっていても稼ぐのは簡単。
でもそれをキープするのが至難の技なのだ。

なんでこんな話をわざわざ出すのかというと、稼げば稼ぐほど、それに比例して良くも悪くも「お金に対する向き合い方(=性格)」が出るからだ。

節税に躍起な小金持ち(事業の場合)

事業の場合、お金が貯まらない、と嘆く人も多い。
現に年商1〜10億円という、少し稼いだ先に持ち出される悩みランキングとして、

1位:節税はどうしたら良いか
2位:優秀な人をどう雇うか
3位:アホな人をどうクビにするか
4位:余剰資金を上手に回すための投資先はどうするか
5位:スケールアップ(例えば1億円から3億円にアップするには?)


という悩みで持ちきりだからだ。

私も、その例に違わず、上記のような悩みを感じたこともある。

特に税金の話は、ダントツで多い。

私のクライアントの中にも「国籍を抜きたいです、税金がキツイので」という人がいたくらい。

それもそのはず。
日本の税制度は、商売の本質を実践している人でないと、なかなか税金が厳しい国だ。

なんと事業を作った場合、法人税は利益額に応じて最大50%程度にも及ぶのだ。個人事業主もさほど変わらない税率でかかってくる。

さらに法人の場合は、稼いだお金の中から、代表取締役である自分に対する給料(役員報酬)に応じた、所得税、消費税、地方税、社会保険、とがんじがらめの税金を支払った後に、初めて自分の資産となる。

超ざっくり計算して、粗利益で2000万円が残ったとしよう。
「会社員よりもワンランクもツーランクも上だ」と感覚的には思うかもしれないが、全然そんなことはない。
実際は、税金などが諸々引かれて、手元に残るのは1000万円を切る。

2000万円利益が出た人と1000万円利益(手元に700万円程度残る)が出た人の「手元に残る資金」は、たった300万円程度しか変わらないというから、儲かる人ほど不公平感を感じてしまうのだ。

そりゃ儲かれば儲かってしまうほど、国への支払いも比例して多くなるから、みんな躍起になる気持ちも分かる。俺の方が頑張ってるんだから、恩恵がないと割りに合わないだろ、とね。

貯金を最大化する上で大事なことは節税ではない

「じゃあこの記事は節税の記事なのですか?」

と思うかもしれないが、そうではない。

むしろ、その逆だ。
貯金を最大化する上で重要なのは、このメディアのテーマでもある
『お金を巡らせる=循環思考』だ。

これは、一流の投資家がよく話しているものだ。
お金を巡らせる感覚を持つことこそが、かえって貯金を最大化するのだ。

事業のお金が貯める=循環の最大化

この文言をノートに書いておいて欲しい。

今回は、私の身近に結構存在するから節税対策を例にとって考えてみたが、
事業のお金をキープ(少しずつでも増やすことが)できる人は、節税対策は超合法的な範囲内でしかやらないのだ。
(合法的な節税:社長保険、小規模事業共済、不動産、福利厚生用施設購入、社用車など)

むしろ、たくさん税金を払えるように、事業の利益率をもっと高める努力をする。お金を循環させる思考を持つと、人という資産が付いてくる。

何にお金を循環させるか(惜しまないか)で、今後あなたに付いてくる人の種類が変わっていくものなのだ。

世のため人のためにお金を使う意識に比例して、お金が集まる

つまりそういうことだ。
これは、私が偉そうに言える立場ではなく、まだまだチャレンジャーなのだが、世の上手くいってる人は、会社のことばかりを考えている訳ではない。

「私は、株主、従業員を代表しているにすぎない」
「自社の能力を最大限使って、社会に貢献するには?」と考えているのだ。

さらに、冒頭でも話題にチラッと出したが、もっと自社の事業をコンパクトにして、利益率を高める工夫をして、税金をはじめステークホルダーへの還元も頭に入れて考えている。

具体的には

「生産性の高い優秀な人が自分に集まるには?」
「その人たちが生きがいを持って」
「削れる固定費は?一等地を借りる必要ある?」
「商品の品質と顧客満足度をそのままに、原価を落とすためには?」
「売値をもう少し上げられないか?」
「買掛と売掛のスパンを縮められないか?」
「今年は、株主への配当をもう少し出来ないか?」

といった、現状からの前向きな課題だけにフォーカスするだけで、
節税対策にヒヤヒヤしながら、仕事をするような。
マイナスな感情に時間を使わないのだ。

解決策:マズローの欲求段階

たぶん勉強豊富な読者さんにはよくお判りの法則だ。
このメディアのどこかのページにもその話をしているが、
マズローの欲求段階を徐々に高めていけば良い。

「よし、俺は世のため人のためにお金を使うぞ」

と、意気込んでも実際は難しいのだ。

世のため、人のためにお金を使うためには、自分の欲求を満たし続けていかなければならないからだ。でなければ、世のため人のために使う体力は残ってないのだ。

●贅沢したい
●人に優越感を持ちたい
●尊敬されたい
●社会に必要とされたい
●1番になりたい

まず、こういった欲求を見つめて、一通り満たそう。
そういう目的で事業を動かしても、全く問題ない。
人生は短いようで、死ぬまで結構時間はある。

3年、5年、自分のために生きてみることも大事なモラトリアム期間だと私は考えている。

一通り自分のために生きていくと、社会に貢献したい気持ちがフツフツと湧き上がってくるものだ。

そういう時に、自分が出来ることを形にしてみたら良い。

個人のお金を貯める=幸福度の最大化

さて、続いては、個人のお金が貯まるための原理原則の話。

これは、超単純だ。

(給料 − 消費)= 貯金

この数式で給料を増やし、消費を減らすことが貯金に繋がる。

幸福度に比例して、消費のお金は反比例する

「結局、節約ですか?」

と、残念がる人がいると思うが、
そもそも幸福な場合は、無駄な消費がバカバカしくなってくる。

具体的に、あなた自身の普段の個人支出を以下の項目に合わせてツッコミを入れてみてもらえないだろうか。

「外食」・・その外食はする意味ある?大事な人の手料理の方が幸せじゃない?
「家」・・もっと狭くても幸福度は変わらないよね?
「車」・・レンタカーやリースで十分なんじゃない?
「学費(子どもなど)」・・それは子どもが本当にやりたいこと?親がやらせたいことなんじゃない?
「趣味」・・お金と労力のバランスはどう?自分の見栄のためにやってない?
「旅行」・・そんなに高額な旅行よりも、お金をかけずに同じ幸福感を味わえる旅行もあるんじゃないの?
「ブランド品」・・それを身に纏わないといけない意味は何?あなたを価値の高い人と認めてくれないの?

という感じで、一つ一つお金の使い方が、本当に自分の欲求をダイレクトに満たしているのかを考えよう。

ストックマネー技術は、幸福追求の技術

なんどもいうが、お金の使い方は人格を表す。
じゃあ、お金を貯められる人(ストックマネー技術と呼ぶことにする)はどんな人格なのか。

結論から先にお伝えしていくと、お金を貯める技術(=ストックマネー技術)というのは、つまり、、、。

最大級の創造性を使って最安値でお金以上の幸福を追求する技術

だということだ。

最大級の創造性を使えば、事業も個人もネガティブ感情を持っている人と同等以上にお金を使わず結果も出すことが出来る。

事業なら、税金を節約するネガティブ感情を抱く暇があるなら、キャッシュフローの改善、人材の生産性、販促の工夫に時間を割ける。

個人なら、本当に自分の事を大事にしてくれるパートナーや子どもたちに創造性を発揮すれば、お金を使わずそれ以上の幸福度をプレゼントすることが出来る。

お金をかけずに喜ばせれば、お金に変えられない幸福を与えてくれるものなのだ。

豊かに稼いでいる人は、プラスな感情(失うお金は存在しない)でお金と向き合ってるが、
稼いでても恐怖感に支配されてる人は、マイナスな感情(失ったら怖い)でお金と向き合っている。

数百人のお金の向き合い方を見てきて、この違いがあると分かった。

セルフコントロール技術で、お金と上手に向き合う

20代の私もそうだったが、やはり自分をコントロール出来てなかった。
それが故に、法人と個人、共にキャッシュフローが散々な目になった。

でも、幸福感を徐々に手に入れることで、自分史上最高の貯金額を更新し続けることができた。

そして、その法則が正しいかどうかを、クライアントさんを始めとする数百名の人たちと接する中で、確認できた。

細かな項目はまだまだ書き加えていくが、ぜひあなたのビジネスでお役に立てたらこの上なく嬉しい。

もし必要なら、下記のメルマガも取っておいて欲しい。

セルフコントロール技術は、お金も心も体もコントロールが出来る、
死ぬまであなたを助け続ける技術になるだろう。

>オンライン集客ならセルフコントロールメルマガ<

ABOUT ME
ゆう
30代の・・・ ●予防医学実践家 ●講座マーケター ●小さな広告代理店 ●Webディレクター 元々、某私立大学農学部〜製薬メーカーMRというキャリアを通して、 『今の製薬メーカーの課題』を見つけ、 予防医療実践家として、セルフコントロール活動の重要性について 情報発信活動をしている。 中小企業のメディア集客実践家(マーケター)として、 オウンドメディアやリストマーケティングに従事。 クライアントにもたらした実績は、 2016年〜2018年に累計4億円以上、平均1億円以上。 このメディアは、お客様に支持と感謝をされながら売り上げてきた経験から、備忘録として主張を展開するメディアだ。 『セルフコントロール』(精神コントロール)があれば、肉体とお金の健康を全て手に入れられる、というテーマのメディアになっている。 特にビジネスパーソンには結構クリティカルな情報になるんじゃないかと思う。 あなたが、女性なら最愛のパートナーに情報を優しく教えてほしいし、 男性も、もちろん最愛のパートナーや家族をはじめ、大切な人にそっと教えてあげられるような情報になる事を心がけたいと思う。 ◆肉体の健康 私たちの肉体は、今の生活からさほどお金をかけなくても、 健康になることができる。 マーケターの立場から考えると、星の数ほどある健康論は、 全て『提案』『主張』にすぎず、盲信すべきではない。 信じるべきは、いつも自分だ。 あの人が言うから間違いない、と思う部分もあるかもしれないが、 それ以上に大事なのは、自分の身体や心の動きを感じて、それに合った健康方法を取り入れるべきだ。 考えるな、感じろ ---- ジャッキー・チェン この言葉が、私自身ようやく理解してきたところだ。 そうすれば、日頃の頑張りすぎから上手に解放されつつ、 毎日エンジョイで穏やかな幸福感に包まれる事だろう。 ・食生活 ・歯の健康(歯の矯正など) ・運動方法 ・集中方法 ・メンタルトレーニング ・陰陽の活用 これらを通じて、毎日が最高にエンジョイできるようなヒントを、 あなたにお伝えしていきたい。 ◆お金の健康 お金の健康といえば、ファイナンシャルプランナーや保険屋さんが知ってると思いがちだが、実は、彼らはセールスマンであって、未来が見えない金融商品を売ることによって儲けているにすぎない。 しかし、セルフコントロールが出来ていれば、 お金を計画的に増やすことができるし、自分で守ることができる。 私も今まで色々とやってきた。 というわけで、真の投資方法からビジネス展開の仕方、 収入を得るまでの方法を、なるべく分かりやすく伝えていきたいと思う。 私のビジネス経験はこんな感じだ。 <ビジネス> ・セールス(営業活動) ・ブログライター ・アフィリエイト ・EC物販ビジネス(Amazon、Yahoo!ショッピング) ・広告運用(Facebook、Google、Yahoo!) ・メルマガライター(DRMの実践) ・コンサルビジネス ・セミナーや勉強会の開催 これらを経験して、そのメリットを凝縮させた最強のビジネスが、 教材(講座)アフィリエイターだということに気付いたので、 この職業の話と、集客についても話していく。 (※上記は2018年のクライアント売上。クライアントに売上を立てて喜ばれつつ、私はその一部を頂く質素なアフィリエイターです) それからというもの、自信がつき始め、クライアントの顧客単価が上昇。 最上部にあげたような実績を上げている。 1つの教材アフィリエイトビジネスを立ち上げる時でも、 基本的に教材の販売元とチームでビジネスを行う。 社員ゼロで自分の才能を生かしたところだけで仕事をしている。 目標は、今この瞬間を楽しめること、家族と過ごす時間を大事に。 ビジネスは時代に順応して、あとは楽しむ。 それが全てである。