1. TOP
  2. はじめに
  3. 5年増収増益の講座と貧困講座ビジネスの「たった5つのデカい違い」をマスターせよ

5年増収増益の講座と貧困講座ビジネスの「たった5つのデカい違い」をマスターせよ

はじめに  

こんにちは、コンテンツマーケッターのマサキです。

今回はビジネスの話を少しだけしていきます。

これまで数百名のクライアントさんに接して来て、
私の中でも『増収増益にする人』と『ジリ貧にしてしまう人』の違いが
分析出来てきました。

今回は、その研究成果について執筆していきたいと思います。

成功条件の結論:以下のことから逃げないこと

まず結論から成功条件を挙げていきます。
そのあとに、その成功条件をどのように達成するかについても
挙げていきたいと思います。

1、モチベーションをコントロールし続ける(情熱を注ぎ続ける)

まず基本は、セルフコントロールを意識して、
モチベーションをコントロールすることです。

ここから逃げないでください。

2、顧客の本音を引き出し続けること(リアルを大切に)

お客さんが私たち自身に対して感じている本音を聞くことが大事。

『Webサイト、見ずらいよ!』というのも聞いた方が良いし、
『講座、わかりづらいよ!』というのも聞いた方が良いのです。

徹底的に聞くことです。

お金を持ってしまうと、その作業を外注化してしまうので、
徐々にお客さんの本音から離れてしまうのが現状と言えます。

初心を思い出して、本音を引き出すための
リアルでの交流を忘れずに行ってくださいね。

3、六感的価値と五感的価値を両方生み出すこと

目に見える価値だけでも、感情が満たされません。
また、目に見えない価値だけでも、感情が満たされません。

その両方が手に入ることで、お客さんは『必要不可欠な講座』だと感じます。

・五感的な価値は、具体的なノウハウ
・六感的な価値は、抽象的なマインドセット

だとして、その両方を満たしてもらうことが、
完璧な講座と言えるでしょう。

これを精一杯行っても、お客さんが定着しなければ、
ノウハウ提供システムと、マインドセット定着システムを
見直さなければなりません。

4、数字から逃げない(データ)

最後に、感情が優位に働いている人に言えるのですが、
『情熱さえあれば上手くいく』と考えがちです。

情熱だけあっても、市場の反応がなければ、
それは成功講座ビジネスとは言えません。

単なるジャイアンのリサイタルと同じです。

ですので、何かを発信して、市場からどんな反応をもらえるかを
重視して動きます。

そのために、データを活用することは非常に大事です。
ちなみに私は非常にシンプルな数字の計測だけは欠かさずに行います。

・売上管理
・GoogleAnalytics
(主にPV数と読まれている記事、口コミか新規かなど)

・SNS広告のダッシュボード
(Facbook、twitterなど)

・メルマガスタンドのクリック計測

これだけ用いてPDCAを回すだけ。
最低限の分析で大丈夫です。

むしろ、講座ビジネスは特に分析しすぎてもあまり意味がないので、
適度に分析するのがベストかなと思います。

ただ、この成功条件は、
割とハードルが高い可能性もあります。

そのために、どのようなマインドセットをもとに
行動をしていればいいのか。

これについて考えていきます。

行動原則①:家族・身内の絶対的なサポート

もしかしたら、この項目が最も意外かもしれません。

この方は、子供を持っている主婦さんなのですが、
ビジネスでも結果を出してくれています。
(※ジャンルは自社ブランドの小売です)

でも、成功し続けている理由を聞いた時に、
上のような画像のように語ってくれました。

上手くいってる人ほど、子供や家族を理由にしてくれてるんですよね。

この事から深く考えてみると、

理由は2つありましたね。


理由1、身内ですら応援してもらえない社長は、ビジネス現場で現実逃避しがち(空回りマーケティング)

 

家族や大事な人ですら説得できない人、身内と上手く行っていない社長は、
どうしても潜在意識に『現実逃避』が入ってしまいます。

それが、ビジネスの現場にも自然と出てしまうものです。

『不誠実』になってしまうのです。

マーケティングをおろそかにする会社の社長や幹部も、
同じような傾向があります。

特にインターネットを介して仕事をしていると、
目の前に人がいないからといって、良いことだけ伝えて、
悪いところを伝えられなかったり、嘘をついたり・・。

IQの低い人を集客したいのならまだしも
IQの高い人を集客するなら、簡単に見破られてしまうのです。

IQの低い人を集客してしまう人に限って、
身の回りの人ですら大切にできていない傾向があるんです。

世の中には『私、成功者です!』と威張ってる人が多いですが、
そういう人に限って、私生活に難ありであることが多いです。

家庭の中で満たされない承認欲求が、
お客さんに出てしまうからですね。

「私をもっと見て」
「私をもっと褒め称えて」

というジャイアン状態のマーケティングになってしまうのです。

私たちは、お客様に対して、クライアントに対して、
従業員に対して、誠実にビジネスをしなければなりません。

人を見極める時も、是非この考え方を使ってもらえると良いと思います。

実際、私自身も同じことを感じる節があります。

私も創業時は家族に言えませんでした。
だからこそ『1期目は黒字5万円』程度だったのです(笑)

もっと早く応援してもらえる人間になれたら、と思うと、
これを読んでくださる方に伝えたい項目です。

理由2、真に幸せな人間&勝ち馬に、人もお金も降り続ける

日々私が接しているクライアントさんを見ていると、
セオリーのように、幸せそうな人が早めに儲かり始めます。

これは、幸せそうな人間は、周りを見る余裕があるので、
使う言葉が『相手に配慮と好感を持たれる言葉だから』なのです。

不幸な人が、いくらコピーライティングの教科書を
一生懸命読んでも成功できないのです。

コピーライティングを超越したところで、
すでに勝負は付いています。

これは誰も信じられない話だと思いますが、事実です。

実際、数百名のクライアントさんと向き合っても、
その人の身の上話を聞かせていただいたりすると、
『身内のサポート』が絶対的にもらえる人は、
かなり成功確率が高い傾向にあります。

◯例えば、コンテンツマーケッターなら、自分が作っている教育講座、サービス、ブログやオウンドメディア、動画などで、どんなことを企画しているのかまでを語ったり、意見をもらえる状況

◯例えば、小売・物販ビジネスなら、どんな商品を作っているか、物流などで助けが必要な場合は、手を貸して欲しい、などと言える状況

と言う感じでしょうか。

信じるか信じないかはあなた次第ですが、不思議な話です。

 

3、『3度の飯』よりも重要な『愛情習慣』を作ること(『無条件の愛』を循環させよう)

『なんやねん、気持ち悪い・・・』
『無条件の愛とか、スピリチュアルか、ボケが・・・』

とため息交じりにそう思うかもしれませんが、
私は無宗教ですし、変な数珠とか付けてないです(笑)

でも、クライアントさんが結果を出しているから、そう言うしかないのです。

仕方がないのです。

例えば、彼らが経験した状況にこんなのがありましたね。

男性クライアント「Yさん」は、、、

(奥さん)『あなたが仮に事業で失敗しても、私は付いていく』

と言われてから、起業して1年目で脱サラ成功、
2年目で年商4000万円、役員報酬1000万円獲得を成功しています。

女性クライアント「Iさん」ならば、

(旦那さん)『お前がチャレンジしてダメでも、最終的には俺がケツを拭く。お前がイキイキ頑張ってるのを見るのが好きなんだ』

と言ってもらって、数ヶ月後に月収30万円超えで、
旦那さんの手取りを超えてしまったのです。

こうした事例は、氷山の一角で、誰も気づいていませんがたくさんそういった事例があります。

家族がいない人は、彼女や彼氏でもOKですし、両親や兄弟、親戚でもOKです。

とにかく、あなたはお金や利害を超えたところで、無条件に愛され応援されるような状況が作ってみませんかー?

実際、有能なコンサルタントのブログなどを漁って読んでいると、『無条件の愛』の重要性を説いてますね。

人間が最もIQが高い状況は『無条件の●●』を持っている時

人間は、理性で考えてるように見えて、意外に動物的です。

なので、最もIQが上がる要素は『無条件の愛情』なのです。

無条件、というのがとても大事です。

『無条件の愛情』が無ければ、潜在意識の中に『俺の仕事は何のためなんだろう』と虚無感が入り込んでしまうので、エンジンがなかなかかかりません。

お客さんにも価値を与える余裕がないので、あなたの『ブランド』としての価値が上がらないのです。

「あんまりピンと来ないですね・・」

と思うかもしれません。

では、無条件の愛を感じていない人が、目的もなく突っ走った結果、どうなるか。

短期的にお金を稼いだは良いけど、鬱になったり健康を害してしまうデータもあります。

せっかく歯を食いしばってビジネスを頑張ってるのに、それは残念ですよね。

『家族と、月に1回小旅行に行きたい』
『親に、月に1回食事に連れて行きたい』
『モテるために、仕事でスキルを高めるぞ』

というモチベーションでも大丈夫です。

ただ、愛情を循環させるような目標を立てることを
意識してください。

今までの私の経験的に、愛情習慣を持っている人の方が
『格段に成功確率が高いこと』は事実です。

 

行動原則②:自分の強みと弱みを分析・自覚し続ける事


成功条件の中で、もしかするとこれが一番ピンと来るかもしれません。
(※本当は条件①と同じくらい大事だが・・・)

まず、理論を語る前に私の話をさせていただきます。


実を言うと、私の一番最初の起業は、
欧米から子供用の高級おもちゃを輸入して、
インターネットで販売する仕事でした。

 

でも実際、トラブルだらけで、
開業して1年で物販ビジネスをたたみました。

そして、私は現在お客さんが定着する講座ビジネスを立ち上げる仕事
3年以上増収増益なのです。

この時点で、もうお分かりかと思いますが。

物販といったネットショップが『苦手』で、
コンテンツをマーケティングしたりセールス代行した方が
『向いていた』
と言うことです。


このように『強みが活きる方向』へと進んでいくことがとても大事。

まだ、あなたが思い描く”成功”を確信し達成してないなら、
まだ『執着をしている』証拠かもしれません。

『弱みの克服に時間を使う=成功まで時間がかかるです。

文字で読むと当たり前かもしれませんが、
意外に成功できない人はこれを平気でやってしまってます。

しかも、それに気づくことなく、才能に気づけずに
会社をたたんでしまうのです。

実にもったいない・・・。

シンプルな話ですが、

強み『だけ』で仕事をしていれば、成功確率が上がるのです

(だから『やれそう』と思った仕事をしていきながら、同業他社さんが苦しんでいる箇所を、自分はすんなりやれたりした経験を積み重ねながら、強みを発見していきます)

 

もしかしたら、あなたの今の仕事は、向いていない可能性があります。

その見つけ方に関しては、

下記にも書いてありますので、参照してくださいね。

行動原則②:講座が勝手に『口コミ』されるまで『PDCA』をやめない

『7つの習慣』とかを読んだことがある人なら、7つ目の習慣で『刃を研ぐ』という項目がありますが、それと似ている内容です。

あなたが参入する市場で『ブランドを作っていく努力』です。

そしてそのブランドを作る最も強力な要素として『口コミ』があります。

『口コミ』される商品の条件は?

世の中の成功法則で言われている『継続は力なり』という格言を、
もっと具体的に言うと『口コミ』をされるまで
商品やサービスを磨き続けること、と言えます。

結局のところ、この世の中の商品とスキルは、
結局『誰か』が評価して、正当な値段が支払われ、
取引が成立するものです。

ということは、お金集めビジネスが上手くいくためには、
あなたが参入する市場の『顧客』の評価を高めなければならない
のです。

例えば『iPhone』は、携帯電話ユーザーの評価を勝ち取ったから、高騰した携帯電話の料金でも、私たちは支払わざるを得ない訳です。

つまり、究極の商品とは『他の追随も許さない商品』を作ることなのです。

そうすれば、勝手に売りたい人が現れて、
勝手にフランチャイズが出来て行きます。

実際、孫正義さんがiPhoneに惚れて日本に持ち込みましたよね。


『口コミ』されるスキルの条件は?

そして、スキルに関しても、何の利害関係もない人が『口コミ』で自分を勝手に紹介してくれることが重要です。

良いお芝居を見たら、口コミしますよね?
それに似ているものだと思います。

実際、振り返ると私はほとんど全ての仕事を
『なかなか売れない商品やサービスを持っている事業主様』からの
『依頼』や『紹介』で来ております。

では、どんなスキルが『口コミ』されるのかと言うと

相手から目に見える実績(権威)

でしかありません。

私の場合は、マーケッターとしてデビューする時に
『メルマガライティング』『SNSライティング』で、
小銭を稼ぐという『目に見える結果』を出しました。

そのためにメンターのブログを読んだり、
サービスを実際に購入することで、
一通りのスキルを覚えました。

そして見よう見まねで、
クライアントのサービス販売に協力できたのです。

そうやって、目に見える小さな実績を積み重ねてきました。

もしあなたがそもそも紹介がもらえないような場合は、
それは相手を満足させていないことになりますので、
自分の強みを改めて分析して、それに見合ったスキルを磨いて行きましょう。

どんなスキルを磨けば良いのかといえば、
下記に示す『強み』の種類と磨き方について書いて行きます。

さて、あなたにはどんな強みがあるのか??

そして、その磨き方についてもこちらでも紹介しております。

『究極のマーケティング』は、『広告費0円』で『利益100%』

究極のマーケティングって、広告費を一切使わなくても利益が100%取れる状態なんですよね。

『0円の広告=口コミ』でしかありえませんから、口コミに勝る集客方法なんてものはないのです。

私も、コンテンツマーケッターとしては、この境地を目指して、日々鍛錬しているのです。

あなたも、口コミが生まれるロングヒット商品やサービスが生まれるまで、一生懸命お客さんに真正面から発信してみましょう。

そして、一緒に繁盛していきましょう。

最後に:講座ビジネスを志すなら『売上』以上に『優秀な人』を集客する仕組み作りを志す

これは、マーケティングの究極の目標と言えます。

多くの人が『CPA』という言葉を使います。

これは成約者が1人出るまでに費やしたコスト』のことを指します。

でも、その成約者の性質ってどうですかね?

あなたがピンチになった時に助けてくれる人になり得るでしょうか?

私たちマーケッターは、マーケティングのゴールを
『売上』『利益』で考えがちです。

それは断じて違うのです。

断じて、です。

そうでなく、如何に自分の周りに
『自分と違った優秀な才能の持ち主』を連れてくるかどうかなのです。

この考え方を持っていれば、
真に豊かなマーケッターになることが出来るでしょう。

私は4年かかってこの重要性に気付いたのですが、
コンテンツマーケッターという職業に興味を持ったあなたに
是非、覚えておいて欲しいです。

売上がジリ貧している方には、
絶対に覚えておいて欲しい話です。

では、続きはメルマガなどで出会いましょう♪

The Self-controlメルマガ
〜5年集客と収益に困らないコンテンツマーケ法則〜

コンテンツマーケッターのマサキがお送りするセルフコントロールのメルマガをやっております。

なぜセルフコントロールか、というと、やっぱり己を自由自在にコントロール出来ないと、マーケティングは難しいわけです。

エゴが出てしまったら、そこで試合終了。
だからセルフコントロール。

メルマガでは、

◯広告費用を月に6万円で、毎月800万円の報酬を1年以上継続しているWebマーケティングの極意

◯広告費用5万円以下で、利益率20%、売上高1700万円を達成したAmazonマーケティングの極意

などなど。これだけではつまらないので、多岐に渡って発信しております・・・。

コンテンツマーケッターの切り口から、気ままに書いて行きたいと思います。

ご興味がある方は、登録しておくと良いことがあるかもしれません。

>セルフコントロールでじわじわ繁盛ビジネスへ<

\ SNSでシェアしよう! /

The Self Control〜至極の講座ビジネスを考える教育メディア〜の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

The Self Control〜至極の講座ビジネスを考える教育メディア〜の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 会員制ビジネスが失敗する理由と解決策を考えてみた

  • たった3万PVのブログ放置で年商1億円講座を作った10のチェック項目

  • 誰も言わない『儲からないコピー(セールス)ライター』の特徴

  • (はじめに)良い技術や講座を持つ人を助ける『講座マーケター』という職業

  • 講座ビジネスの『隠れた最高のメリット』とは?

  • 講座ビジネスは、なぜ私たちを救うのか〜資産思考の観点から〜