fbpx
国際関係

未来情勢を予測する術が身に付く「トンデモ本」クレムリンメソッドを紹介

こんにちは、ゆうです。
タイトルで釣ってしまってたらごめんなさい!

今回は、北野幸伯さん著作の
「クレムリンメソッド」の紹介です。

 

他の北野さんの既作品と違ってこの書籍は
「どうやって世界情勢を分析し、未来を予測するのか?」
という本になっており、原理原則マニアな私としては
垂涎の作品です。

同じ気持ちのあなたでしたら、
是非この本を手に取って読んでみてください。

それでは、こちらの作品のハイライトをお伝えしますね。

こんな人に向いてます

  1. 今後世界がどうなっていくのかが予測したい人
  2. 「歴史は繰り返す」を体得したい人
  3. 今後自分がどんな目標を持つべきか参考材料を増やしたい人
  4. 物事の原理原則を知り、豊かさを最大化したい人

世界はある一定の原理で動いている

このキーワードだけで、私は即買いをしたのですが、
この書籍の冒頭の文章だけ示しておきますので、
気になったら手に取ってみてください。

では、以下引用です。(p.34)

世界の大局を読めない限り、国も私たちの人生も崩壊する

「うわ!なんだか大げさな話になってきたな」

「世界を動かす諸原理」とか聞くと、日本人は、たいていそんな反応をします。
日本人は、どちらかと言うと「具体的」「抽象度の低い」話の方が得意ではないかと思います。

おそらく、それはとても良い事だと思います。
だから日本の技術は世界一。
外国人が日本を訪れると、そのきめ細やかなサービスに驚愕します。
日本と日本人の良さは、自分のやっている仕事を極める事。
全ての仕事が「◯◯道」
全ての分野に、その道を極めた「◯◯の神様」がいる。
外国ではみられない現象です。

<中略>

しかし一方で、日本人は概して、「対局が読めない」「抽象度の高い話が苦手」と言う側面も確かにあると思います。

「大局が読めない」「世界情勢が分からない」と、何が実害があるのか?

もちろん、「大アリ」です。

<中略>

みなさんのなかで、リーマンショックで大損害を被った、と言う方はいらっしゃいますか。

テレビで「◯◯社が、◯千人のリストラ」「△△社が△万人のリストラ」と言う話は聞いたことがあるでしょう。

そういう「ドカン」とするほどの影響を被った人がたくさんいた。

「実害」を実感しなかった人でも「まえがき」で書いたように、じわりじわりと影響を被り始めている。

私たち庶民にとって「世界の動き」「日本の動き」は、自然災害同様、まさに「どうしようもないもの」「変えようのないもの」に思えます。

そして、多くの場合その通りです。

しかし、普通の人でも、川が流れていく方向がわかれば、その流れに上手く乗って、安全で快適な旅をしていくことができます。

一方、皮がどっちに流れているか分からなければ、流れに逆らって泳ぎ、苦しい日々がいつまで経っても続いてしまうでしょう。

<中略>

この章では、世界を動かす最も根本的な原理についてお話しします。それは、少々「抽象度が高い」話かもしれません。

しかし、この話は、皆さん自身が「自分」と言う船の舵を取る「船長」になり、同乗している家族や仲間と共に安全な旅、つまり、人生を続けていくために絶対必要な知識なのです。

感情と言葉を抜きに行動と事実だけを見れば、世界が分かる

この言葉が一番響いた部分で、
私たち庶民は感情やイメージで世界をみてしまいがちです。

現に世界では今も戦争状態が続いている

しかし、感情と言葉を抜きに世界を見ると、
世界では今も戦争が続いています。

  • 2001年〜:アフガン戦争
  • 2003〜2011年:イラン戦争
  • 2008年:ロシアvsグルジア戦争
  • 2011年:リビア戦争
  • 2014年:ウクライナ内戦
  • 2014年:アメリカと同盟国によるイスラム国(IS)空爆
  • 2015年:シリア内戦

(詳細は、wikiでどうぞ

などなど、今の時代に戦争なんて起こらない、
と言う平和ボケは徹底的に治さないといけません。

そして上記の戦争は、私たちに無関係ではありません。

輸出入依存しているエネルギーや、食糧をはじめ、
経済に大きく関わっているのです。

特定の「主義」「思想」に偏らない

平和ボケせずに、世界をあるがままに見るには、
「◯◯主義」といったイデオロギーや思想も邪魔します。

例えば、Amazonといった多国籍企業に対して、
様々な見方があります。

共産主義者なら「貧しい国々の民を搾取する悪の存在」
と解釈します。だって、彼らは「この世界では、いつでもどこでも資本家が労働者を搾取している」という見方をするから。

一方で「資本主義者」はどうか。
「貧しい国々の民に仕事を与え、豊かさをもたらす善な存在である」と見ているのです。

どっちが本当なのか。

事実だけを見るなら「ある国に外国企業が入って、賃金水準がどれだけ上がったか?」を調べることでしょう。

私たちは、こうやって「事実」だけを調べていく癖を付けないといけませんね。

そうすれば「真実」に近づき、より柔軟に動くことができるでしょう。

クレムリンメソッド「11」の原理

最後にクレムリンメソッドの11の原理を掲載しておきますね。

  1. 世界の大局を知るには「主役」「ライバル」「準主役」の動きを見よ
  2. 世界の歴史は「覇権争奪」の繰り返しである
  3. 国家にはライフサイクルがある
  4. 国益とは「金儲け」と「安全の確保」である
  5. 「エネルギー」は「平和」より重要である
  6. 「基軸通貨」を握るものが世界を制す
  7. 「国益」のために、国家はあらゆる「ウソ」をつく
  8. 世界のすべての情報は「操作」されている
  9. 世界の「出来事」は、国の戦略によって「仕組まれる」
  10. 戦争とは「情報戦」「経済戦」「実践」の3つである
  11. 「イデオロギー」は、国家が大衆を支配する「道具」にすぎない

本書を読んでみると、
世の中の争いは実はすごくシンプルで、いつだって覇権国(アメリカ)とライバル国(中国)、準主役(ロシア、EUなど)による代理戦争の連続だと分かります。

私と同じで、歴史を全然疎かにしていた方は、
是非、学び直していただき本書を手に取ってみてください。

日本の自立は、私の自立から

北野さんもおっしゃってますが、
こういった話は、心に余裕ができないと、
興味すら湧きません。

私たち自身がこの国の主権者として、世界の大局を理解し、日本を正しい方向に導いていく力を身につけなければならない。

「日本の自立」は、「私の自立」から始まる

と、締め括っています。

私も自立を促すエージェントとして、
もっと自分自身が自立すると同時に、
自立したい方々を支援したいと感じました。

北野先生、お読みいただいたそこのあなたに御礼いたします。
ありがとうございました。

参考図書

「クレムリンメソッド(北野幸伯・著)」

米中覇権戦争の行方(北野幸伯・著)

日本の生き筋ーー家族大切主義が日本を救う(北野 幸伯・著)

コールダー・ウォー:ドル覇権を崩壊させるプーチンの資源戦争

 

ABOUT ME
ゆう
30代の・・・ ●予防医学実践家 ●講座マーケター ●小さな広告代理店 ●Webディレクター 元々、某私立大学農学部〜製薬メーカーMRというキャリアを通して、 『今の製薬メーカーの課題』を見つけ、 予防医療実践家として、セルフコントロール活動の重要性について 情報発信活動をしている。 中小企業のメディア集客実践家(マーケター)として、 オウンドメディアやリストマーケティングに従事。 クライアントにもたらした実績は、 2016年〜2018年に累計4億円以上、平均1億円以上。 このメディアは、お客様に支持と感謝をされながら売り上げてきた経験から、備忘録として主張を展開するメディアだ。 『セルフコントロール』(精神コントロール)があれば、肉体とお金の健康を全て手に入れられる、というテーマのメディアになっている。 特にビジネスパーソンには結構クリティカルな情報になるんじゃないかと思う。 あなたが、女性なら最愛のパートナーに情報を優しく教えてほしいし、 男性も、もちろん最愛のパートナーや家族をはじめ、大切な人にそっと教えてあげられるような情報になる事を心がけたいと思う。 ◆肉体の健康 私たちの肉体は、今の生活からさほどお金をかけなくても、 健康になることができる。 マーケターの立場から考えると、星の数ほどある健康論は、 全て『提案』『主張』にすぎず、盲信すべきではない。 信じるべきは、いつも自分だ。 あの人が言うから間違いない、と思う部分もあるかもしれないが、 それ以上に大事なのは、自分の身体や心の動きを感じて、それに合った健康方法を取り入れるべきだ。 考えるな、感じろ ---- ジャッキー・チェン この言葉が、私自身ようやく理解してきたところだ。 そうすれば、日頃の頑張りすぎから上手に解放されつつ、 毎日エンジョイで穏やかな幸福感に包まれる事だろう。 ・食生活 ・歯の健康(歯の矯正など) ・運動方法 ・集中方法 ・メンタルトレーニング ・陰陽の活用 これらを通じて、毎日が最高にエンジョイできるようなヒントを、 あなたにお伝えしていきたい。 ◆お金の健康 お金の健康といえば、ファイナンシャルプランナーや保険屋さんが知ってると思いがちだが、実は、彼らはセールスマンであって、未来が見えない金融商品を売ることによって儲けているにすぎない。 しかし、セルフコントロールが出来ていれば、 お金を計画的に増やすことができるし、自分で守ることができる。 私も今まで色々とやってきた。 というわけで、真の投資方法からビジネス展開の仕方、 収入を得るまでの方法を、なるべく分かりやすく伝えていきたいと思う。 私のビジネス経験はこんな感じだ。 <ビジネス> ・セールス(営業活動) ・ブログライター ・アフィリエイト ・EC物販ビジネス(Amazon、Yahoo!ショッピング) ・広告運用(Facebook、Google、Yahoo!) ・メルマガライター(DRMの実践) ・コンサルビジネス ・セミナーや勉強会の開催 これらを経験して、そのメリットを凝縮させた最強のビジネスが、 教材(講座)アフィリエイターだということに気付いたので、 この職業の話と、集客についても話していく。 (※上記は2018年のクライアント売上。クライアントに売上を立てて喜ばれつつ、私はその一部を頂く質素なアフィリエイターです) それからというもの、自信がつき始め、クライアントの顧客単価が上昇。 最上部にあげたような実績を上げている。 1つの教材アフィリエイトビジネスを立ち上げる時でも、 基本的に教材の販売元とチームでビジネスを行う。 社員ゼロで自分の才能を生かしたところだけで仕事をしている。 目標は、今この瞬間を楽しめること、家族と過ごす時間を大事に。 ビジネスは時代に順応して、あとは楽しむ。 それが全てである。