はじめに

講座ビジネスマーケッター(プロデューサー)』という職業(はじめに)

当メディアは『世の中で埋もれている先生を輝かせる生き方』を仕事にしている、
私<ゆう>が、日々を綴るメディアである。

私は、Webを中心とした集客を行なって、4年間生き永らえてきた。

>プロフィールはこちら<

>実績はこちら<

かれこれ脱サラ副業をして会社を設立して4年継続してきたが、私が生業としているのは『良い教材や講座』を持つ人を助ける『教材アフィリエイター/講座ビジネス集客代行、販売代行』する仕事だ。

1、『Web上に学校を作りたい』講座ビジネス手法に困っている社長を助ける

(※年商1000万円〜年商7億円規模のクライアントを行ってきた)

2、生徒さんに、感謝をされながら買ってもらう

(※私は商売っ気が苦手なので、お客さんに頼まれたら商品を作る、という感覚が大好きです。巷にいうプル型のセールスと言うやつ。)

3、生徒さんに『ファン』になってもらう

(※クライアントの会社の集客を一緒の目線で考える事で、お客さんを徐々に創っていく)

という仕事をしてきた。

とにかく、販売手法に困っている『電子書籍』『教材』『コンサルティング』という無形の価値を、インターネットを通して『必要としている人・企業』に届ける仕事だ。

講座マーケター(プロデューサー)は、売上の停滞原因を理解できる

講座マーケッター(プロデューサー)は、売上の停滞原因をある程度理解できる。
そしてそれは、だいたい、いくつかの質問をすれば見えて来る。

で、私の元に来る方は、だいたい『講座ビジネスをしたいけどどうしたら良いか分からない』という相談だ。

これは、言い換えると、
お客さんが見えてないという事なのだ。

『Web上で販売していたら売れるのでは?』
『とりあえずWebでの販路を拡大しよう』

という気持ちだけでは、
結局Web上にゴミをばら撒くだけで、何の効果も現れない。

2つの『余裕』が足りない

つまり、顧客を見る余裕が足りないのと、自分自身がそれほど成功していると思っていないから講座を作るエネルギー(志)が足りないのだ。

この2つの余裕は『セルフイメージ』が原因なので、こちらも私のメルマガで鍛えて欲しいところではある。

The Self-Controlのメルマガ内容を確認する

ステージ1:質の良い講座を作る(親族にも紹介できる)

何はともあれ、生徒さんに結果を出させるのが一番の仕事だ。

上記は、物販ビジネスの講座での結果ですが、こういう実績をクライアントと共に出させ続ける。

だから、100の価値を100で宣伝するだけで選ばれるのだ。

学習塾でも『どの高校に何人受かったか』という実績が大きく貼り出されているのを見た事があるのではないだろうか?

それと似たような事を、自社のメディアでも行っていく。
もちろん、誇大広告や虚偽の結果を掲載してはいけないが。

ステージ2『指導方法・スキル』に再投資をして、ファンを増やす

生徒さんに「ゆうさんが上手くいった秘訣って何ですか?」と聞かれる事があったのですが、一言で言うと『再現性を高める講座の仕組みに投資をする』に尽きる。

そのために『どういう指導方法で教えれば成功者が増えるだろう?』と考え続けて来た。そして、クライアントと共に講座を作り上げて来た。

既存の生徒とその家族にも満足してもらうつもりで講座設計をする

学習塾や公文式をイメージしてもらうと分かるだろう。
生徒さんには、生徒さんの現実がある。家族の存在、抱えている課題もある。

私たちが直接的に、生徒の家族を満足させるわけではないが、生徒が一族のヒーローになってもらえるように、お膳立てをするのだ。

そうすれば、私たちの講座が生徒の家族で公式で認められることになる。
講座のブランド力が低いからこそ、泥臭く価値を提供している。

ステージ3 口コミ、波及効果が発生する

少しスピリチュアル寄りの話が好きな読者さんは『与えると帰ってくる系』の話が好きだろう。

それと少し似ていて『日本一の講座にしたい』という気持ちで仕事をしているからこそ、その気持ちが通じてか『口コミ』や『波及効果』がある。

ただ、これは口コミを狙って起こした事ではない。

『あぁ、あの講座ならゆうさんのところが良いんじゃない?』と私たちの知らないところで言われるようになるのです。

すると、集客はもっと楽勝になる。

『返報性の法則』ではないが、相手に喜びをもたらす事で、それが結果的に『正のスパイラル』を呼び込み、自分の仕事を楽にできるのです。

ステージ4 自分の才能に気付き、伸ばす

講座プロデュースや教材アフィリエイターを目指したいな、という方は、このステージ4まで進んでもらえると良いと思う。

私たちは自分の得意スキルだけに特化し始めると、他の人以上に富を得られます。そのスキルだけで明日の飯を食える。

逆に、自分の才能に気付かない人は、凡人の結果しか出せないのだ。

明日の飯だけでなく、自分の欲しいものが手に入るようになる。

世の中での成功は『才能』が全て

私の同じ年のスーパースター『ステフ・カリー』は、

成功は、偶然ではない。

とインタビューに話している。

アスリートは、幼少期の頃から、自分の才能に気づき、集中してトレーニングするからこそ、トップを取る事が出来る。

それと同じで、私たちにも向き不向きは絶対的に存在する。

残念ながら、私の仕事も出来る人とできない人がいるのも事実だ。

才能以外のことをやったとしても『凡人』のスキルしか持ち合わせていないから、それなりの結果しか出せない。
私もアスリートを目指したが、身体が強くなかったので、すぐに怪我をして引退をした。

注意:以下に該当する人だけが『講座ビジネスマーケター』として生きることが出来ます。

ここまで色々と語って来たが、全員が全員コンテンツマーケターになる事ができるわけではない。

ただ、この仕事をイメージしてもらって『好き』になってもらえたなら、プロデューサーであり、マーケターの私のような職業が向いているだろう。

  1. 誰かをサポートする事が好きな人
    (※男性性と女性性をバランス良く持ってる人)
  2. 人の顔色を読む事が好きな方
  3. 自己主張が無いわけではないが、リーダーシップを張るのが面倒な人
  4. ストレングスファインダーで「サポート」「ブレイズ」のタイプが強い人

といった感じですので、我こそは、と思える人は、ぜひ読んでみて人生と向き合って観てくださいませ。

では、次回もお楽しみに。

↓ メルマガはこちら ↓

ABOUT ME
ゆう
社員ゼロの20代複業家で、奥さんと仲良く時間を取りながらまったり仕事。 (Web講座ビジネス、広告代理業、予防医学研究家)